修理は、先進的な行動です!

私の尊敬し目標とする企業のオークビレッジは、「100年使える家具や家」を理念に製品づくりをし、またもう一つの素晴らしい企業であるアウトドア用品メーカーのパタゴニアは、「環境保護」を掲げてその商品づくりを行っています。
表題の「修理は、先進的な行動です!」は、そのパタゴニア社CEOの言葉「REPAIR IS A RADICAL ACT」の引用です。

国連と加盟国は2015年に「SDGs」 新たな持続可能な開発2030アジェンダ というゴールを設定して、その達成のための行動を推進しています。
持続可能な社会の仕組みをつくる大きな要素の一つが、気候や環境を維持していく行動です。

私どものできる環境負荷を少なくする有力なことは、丈夫で長持ちする商品をつくることです。
モノを長持ちさせるには、ユーザーの適切な手入れや点検と、修繕・修理をしていくことが大切です。
製造者として、積極的に修理対応をしていくことは重要な使命の一つだと考えています。

弊社では、修理(張替など)ができる商品設計とその技術を大切にしています。使い切りの商品は極力避け、耐久性を重視した商品づくりを心がけています。
使用による消耗や破損の場合に、確実に修理対応できるよう設計と製造方法を工夫しています。


また、最終的に素材劣化などで修理できなくなったステンレス製品は、資源としてリサイクルされます。

長く使うことによって、材料生産・製品加工・リサイクル・廃棄ななどに使うエネルギーや環境への負荷(Co2の排出など)を抑えることにつながります。

修理と一緒に改良も!

修理をしながら長く使っていただくことは、コスト節約が第一の理由になるかと思いますが、決してそればかりではなく、環境のための選択でもあると思います。
環境への配慮(ISO)ということを購入方針としているユーザー様も増えてきました。
壊れやすい安価なものをつくり、次々と新品を買い替えてもらうことは、私どもの望むところではありません。

ユーザー様より修理品を送ってもらうことは、商品づくりの上で非常に大切でありがたいことです。
製品の破損状態や消耗具合などを確認することで、新しい設計提案や加工方法などのヒントになるからです。

修理時に、ユーザー様のご要望や使い勝手などをお知らせいただければ、なおさら幸甚です。ご要望に対応できる提案やアイデアが、すぐには出せない場合もありますが、継続課題として忘れずに取り組みたく思います。


使い勝手(作業効率)が悪い道具は、いくら新しくても使い続けてはいただけません。
また、作業効率が悪いということは、ユーザー様にとって、より多くの時間とエネルギーを使うことになります。

修理の機会に改良(改造)を施すことができれば、新規に作り直すことなく、また新たに使い続けることができます。
修理の際には、是非ご要望・感想をお聞かせください。

2020年2月 林ステンレス工業㈱ 林昌宏

修理案内へ戻る